'第9回 International GREEN ENERGY EXPO'、大手企業の参加熱気が高い
Kim Gi Sung Mar 14 2012

アジア3代世界10代の展示会の'International GREEN ENERGY EXPO Korea 2012'に大手企業が最大の規模で参加するなど早くも熱気が高い。

最近ヨーロッパ発経済危機で太陽電池モジュールの価が急落し、一部の国内外企業が破産するなど太陽光の業界が危機の局面であるもののInternational GREEN ENERGY EXPOは返って国内の大手企業が沢山参加するなど最高の展示会に位置づけている 。

業界は危機の中でも展示会に大手企業が集まることは企業が営業環境が困難で既存色々な展示かに参加したことをこれからは国際的で成果が良い展示会一つか二つくらいのところに参加するよう決定したと、しゃくしている。実際にSamsung電子の場合も本展示会たけ参加するようしたし、Hyoudai重工業、Hanwha Solar One など国内展示会はデグだけに参加することが知られた。

 

アジア3代新再生エネルギー展示会で世界20位権の新再生エネルギー分野の専門展示会であるInternational GREEN ENERGY EXPO Korea 2012は2004年国内最大の新再生エネルギー専門行事として開催された以来40%ずつ成長して来たし、2012年には3月28日から23国400社が1,200ブースの規模で参加して史上最大規模で開催される。

2006年以後毎年参加企業の40%が開業企業で、アジア新再生エネルギー展示会の中で海外企業の参加比率が一番高い展示会であるこの展示会は太陽光の装備分野の世界1位である、Centrotherm(ドイツ)をはじめイーンバター生産世界1位であるSMA,太陽光イーンバター及び風力分野の世界的な企業である、SIEMENSと2011年売り上げ100億ドルを達成し全世界12,000名の研究員と21,500件の特許を保有した世界最大規模の半導体企業の一つであるフランスのST microelectronics社も参観するなど世界的な企業に出会う国内の雄一の行事でもある。

国内大手企業では国内最初の太陽光垂直系列化を構築した太陽光及び風力分野の世界的な企業のHyundai重工業、SamSungグループの太陽光産業中心系列社であるSamsung SDI,アメリカナスダックである中国を引き受けて太陽子事業をグループの中心事業として宣布したHanwha Solar One、単結晶太陽光ウェハイゴット部門の世界的な企業であるWoogjinエネルギー、2005年グリーンビジネス分野で売り上げ2兆ウォン達成目標で風力事業を攻撃的に推進しているLS産前などが参加する。

アメリカDeWindを引き受け欧米市場進出ための陸上、海上風力事業に立ち上がってるDaewoo造船海洋も今回の展示会に初めて参加する。

国内中堅企業の参加も続けた。高効率セル専門製造企業で最近モジュール事業まで強化した新性ソーラーエネルギー、世界最高ぐらいのイゴット生産の企業であるOsunglst、オール上半期100MWで生産拡大及び下半期太陽光イゴット・ウェハ事業にも進出計画中のHansolテクニックスー、Semimaterials, SPV, Hanwhatechm, Seunglim Carbon, Dongjin semichem, SFCなどと既存の半導体,ディスプレイ産業を基にした企業の太陽光進出が拡大によってSJINOテク、韓米半導体、SNテク、アバコ、DAEJOO Electronic Materials、Susungtech、Fortix、ガナ工事、Wooilhightechなどが参加する。

International GREEN ENERGY EXPOを主管するパク・ゾンマンエックスコ社長は世界新再生エネルギー業界が最大の危機を迎えられたが、機器の中で攻撃的な投資を決定した国内外大手企業の展示会参加でかえって後発展示会とはもっと差を付けるようになった"と、こんな時期には参加企業と観覧客に最高のサービスを提供し、投資の利回りを高めるようにするため2012年展示会にばっばと投資をしたし、知識経済部、文化観光部、韓国太陽光産業協会、韓国風力産業協会そして参加企業との結束した努力をつくして展示会9年の歴史上最高のサービスを提供すること"と述べた。